フラクショナルレーザーとは?

フラクショナルレーザーってなに?どいう治療効果があるの?

フラクショナルレーザー治療とは
レーザーによってお肌にダメージを与え、
その傷が治る作用を利用して
皮膚の細胞組織の再生力を高めるという
美容医療のことです。

 

メカニズムとしては、
まずものすごく細いレーザーを肌に当て、
微細な穴をあけたような状態をつくります。

 

フラクショナルレーザーで皮膚に開く穴

皮膚に形成される穴は、そのサイズも0.1o以下で、
実際にはすぐに閉じてしまい
跡は極小さな点々がなんとか分かるレベルです。

 

そしてこの穴は一定の間隔を取って開けるので、
周りの元気な細胞は残っているので回復しやすく
その部分ががんばって傷を治してくれるというもの。

 

このときにコラーゲン生成が活性化されるため
美肌再生が期待できるというわけです。

 

人間の体は怪我をすると軽症であれば
いつの間にか自己修復をしてくれますよね?

 

切り傷が次第にふさがったり、
擦り傷にやがてかさぶたが出来て剥がれた後、
その下にはきれいな皮膚が出来上がっているのを
あなたにも経験があると思います。

 

それをレーザーで人工的に効率よく発生させて
いるのがフラクショナルレーザー治療なのです。

 

効果の期待できる症状としては、
アンチエイジング全般の悩みにほぼ対応している
といってもいいくらい万能な印象があります。

 

最近のフラクショナルCo2レーザーは
特に応用範囲が広いのもその特徴。

 

肌にハリやツヤを取り戻すのはもちろん、
くすみや肌理、毛穴の開き、にきびやニキビ跡を
なくしたいそんな肌質改善には好相性。

 

このように複数の肌の悩みをまとめて一気に
改善をはかれるようなレーザー機器は
なかなかありません。

 

 

その他、肝斑やそばかすは除かれるようですが、
シミや色素沈着、シワを消すのや、
たるみが気になる、妊娠線や傷跡、
クレーターなどかなりの守備範囲の広さです。

 

 

 

 

フラクショナルレーザーのデメリットとは?

美容医療には「ダウンタイム」という、施術のダメージが治まり、日常生活に戻れるまでの時間がつきものです。

 

高い効果を望めば望むほど強めの施術が必要になるため、ダウンタイムは当然長くなっていきます。

 

 

整形手術でお顔にメスを入れれば、傷による炎症や腫れが引くまでに何日間もかかることになりますが、レーザーよ光治療では当日からメイク可能なメニューも多く存在しています。

 

フラクショナルレーザーによる治療も今までのレーザー機器に比較すれば、ダウンタイムは短めな施術の部類といえるでしょう。

 

 

といっても、自由診療である美容医療に慣れていない人にとってはダウンタイムはかなりインパクトがあるものです。

 

お化粧である程度隠せることも出来ますが、フラクショナルレーザーの場合でも、何日も顔が腫れていたり、肌が細かなかさぶただらけになったりするので、その間は外出したい気持ちには絶対なりません。

 

 

出来るだけ人に会わないですむように長期間のお休みが取れる時に決心して病院に行く!、そんなスタンスで臨む感じでしょうか。

 

 

さらにコストの面からも、費用が顔全体で1回約10万円ほどかかるクリニックが多く、気軽に受けに行くのはちょっと難しいですね。

 

 

フラクショナルレーザーでは一度の施術でお肌の10%〜20%ほどの肌組織が入れ替わるといわれていて、通常1ヶ月に1回程度の治療が一般的だそうです。

 

 

なので、お肌の前面入れ替えを目指すなら、シワやたるみ・毛穴治療の場合が1〜3週間おきでの5回照射が1クール。

 

ニキビ跡や妊娠線を消したいというようなケースは3〜6週間おきで10回照射が目安と、どこかの病院のサイトで読んだ記憶があります。

 

 

お得に選べるセット料金を設定している美容外科もありますが、お高いことに変わりはないでしょう。

 

あとはレーザー照射時の痛みもかなり強いので、麻酔クリームの塗布も必須になると思いますから、ここもまた料金がかさむ要因です。

 

 

こうなると、痛みに耐性があり、美肌のためにはお金に糸目をつけないという人ならOKですが、誰にでもおすすめできるかと言うとどうなんでしょうねぇ・・・